今日のおやつはなんだろな

兄妹の母、子育て、仕事、その他雑記。白玉大好き!

東京駅に牧場!?初めてのふれあい体験はお手軽が一番

 

牧場に行って来ました。

そこは東京駅の新橋口を出て目の前のビルにあります。

f:id:shiratama-anko:20180311174451p:plain

大手町牧場

大手町牧場が動物ふれあい初体験にオススメな理由

f:id:shiratama-anko:20180311172011j:plain

つぶらな瞳にメロメロ

 

子供がヨチヨチ歩きくらいになると、動物園デビューを考えるママパパも多いのではないでしょうか。

 

かくいう私も、息子が1歳前に初の上野動物園の散策に始まり、小動物のふれあい広場へ遠路はるばる(大げさ)混雑した(これが大変)動物園に行ったこともありました。

www.shiratama-anko.com

 ↑本当の牧場に行ったことは、普段車に乗らない我が家には貴重な体験でした

 

 

動物園に行って大きな動物の迫力を感じたり、牧場の清々しい空気を感じに行くことが無駄とは思いません。

 

しか〜し

大変な思いをして行っても、0歳〜3歳くらいの子は意外と興味を持たなかったり、到着したと思ったらあっという間にお昼寝したり、怖がって近づかなかったりします。

 

でも遠路はるばる行っているわけですから、親としてはちょっと触れ合ってほしいという期待も出て来ちゃうわけですよ。

動物園のふれあい広場でも、怖がってウサギを触らない子を一生懸命なだめる親の図、アルアルです。

 

しかもふれあい広場に入場するのに1時間くらい並んでいるわけですから、どうしたって日光疲れするわけですね。しかも動物園て大体駅から遠い(近いところがあったら誰か教えて)。

帰り道なんて、もうげっそり。ご飯食べてこうにも周りも混んでますからね〜(上野の場合)

 

そこで大手町牧場の登場です。

f:id:shiratama-anko:20180311172016j:plain

ちょっと無機質だけど、自宅から近い・空いてる・室内で日光疲れがない

お手軽です。お手軽。圧倒的に親にはありがたい3点セットです。

 

多分味気ないと感じる方もいると思います。

実際動物好きな私には味気ないです。笑

しかも柵の中には入れないので、ふれあいといえば柵を挟んで干し草をあげるくらい。

 

ただ距離が確保されているし、お手軽な分、触れ合え〜という親の念もそれほど発生しないのではないかと思います。笑

 

牧場にいる動物もコンパクト。

牛2頭、ヤギ9頭、ミニブタ5頭、アルパカ1頭、烏骨鶏 20羽、フラミンゴ10羽など

※動物の種類や頭数は時期により変更します。

大手町牧場

f:id:shiratama-anko:20180311191710j:plain

昨日はふくろうも

 

息子は「くっさ〜い」と早々に逃げて行きました。笑

これも貴重な体験です。

牛たちのスペースは、ディズニーランドの清掃スタッフ並みにキビキビと床を綺麗にする姿が見られましたし、匂いもさほどなかったのですが。。。鳥類は食べるものの所為ですかね?強いかほりがしました。

 

東京駅新橋口、目の前のビルの13F。

入場から退場まで30分くらいあれば充分楽しめます。

ベビカーは13Fの牧場入り口の横まで問題なく持っていけますし、入場は予約制なので全く混みません。 

 

 

きゃっきゃと楽しく干し草をあげて、あとは退場して隣のカフェで飲食もできますし、アイスづくり・バターづくり体験も可能です。

f:id:shiratama-anko:20180311172024j:plain

ソフトクリームづくり

牛乳・生クリーム・砂糖・塩 だけのシンプルなもの

f:id:shiratama-anko:20180311172406j:plain

頑張って混ぜ混ぜ

同じ方向に混ぜるのが早く出来上がるコツだそう。最後までほぼ一人でやりきった息子に感心しました。

 

牧場の見学や体験を諸々。お弁当を食べたら(1Fで飲食することもOK)ちょっと駅でオサレな店に入ったり、おいしものを買って帰れる。親も子もその体力がある!!!

うん。ただただ、すばらしい。

 

お昼寝する小さい子の親であれば、かなりデート気分を味わえるコースなのではないでしょうか。

 

最初は大手町牧場で動物と距離を取りつつふれあい、直接動物と触れ合いに挑めそうだなと思ったら、晴れて動物園デビューってのも悪くないと思います。

宝物がひとつ

そんなこんなで、お手軽牧場体験をした日のお絵かき。

f:id:shiratama-anko:20180311172038j:plain

やぎ

後ろのはなんだろう。

 

私の宝物がまたひとつ増えました。