今日のおやつはなんだろな

兄妹の母。ガジェット・積み木やおもちゃ・絵本が大好きな発達グレー家族。

【子供の猫背改善】トランポリンとバランスボール。軍配が上がったのはこっちだ!

 

1年ほど前、息子は体調不良から筋力が落ちて、とても姿勢が悪くなってしまいました。

www.shiratama-anko.com

 

それから姿勢を保つために必要なインナーマッスル(体幹)を家の中でも鍛えられたらなと、トランポリンとボール(バランスボール)リビングに出しっ放し生活がスタート。

 

そのおかげか、最近の息子はボールに座っている時の姿勢はかなり綺麗です。←

食事の時の姿勢も去年と比べるとかなり改善されました。

 

一方トランポリンはというと、音楽をかけたりカウントしたり、親子で一緒に楽しむのにはもってこい。さらにリビングでの配置を変えたことで、兄妹たちだけでもよく遊ぶようになりました。

 

 

トランポリンとバランスボール。

今日は我が家での遊び方や、子どもには結構重要らしい配置について書こうと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

バランスボール(というかボール)は椅子代わり

 

 

このバランスボール、実はダイソーで買ったパールエアーボールという商品。

直径25センチ大の普通のボールです。

昨年の夏に購入しました。 

 

最初はボール遊びらしく床にコロコロと転がして遊んでいるだけでした。

いや、私はそのために購入したわけですが。

 

それが徐々に徐々に、お腹で乗ってバランスをとってリビングを移動し始め・・・笑

あとは日記を書いたり粘土をするときの椅子代わりと大活躍。

 

 

息子がボールでバランスをとったり、椅子として日記を書いているイラスト

遊んでいるように見えても本人がかなり気をつけているのか、バランスを崩してどこかにぶつけるということも最初の数回以降ありません。

 

いつの間にか息子のバランスボール化しちゃったのです。

 

娘2歳は最初ボールが大きすぎて(?)お腹で乗れなかったのですが、3歳になってからは乗り回すようになりました。

 

兄妹で取り合うことも増加!

 

・・・ってことで、今ではリビングに2つ転がっています。

そして常に出しっ放しです。

Oh・・・ごちゃごちゃ・・・存分に乗っかってくださいな。

 

 トランポリンもベットや椅子代わりに。飛んでもらうには動線が命

トランポリンは発達障害の療育などに行っても良くおいてある物で、実際私の自治体のセンターにもあります。なので体幹を鍛える効果はかなり期待値高めでした。

 

 

購入直後は物珍しさから勝手にぴょんぴょんジャンプして遊んでいた兄妹。

 Alexaで音楽を流したり、私がカウントして兄妹で競わせたり。そして私も時々参加。運動不足な体にはかなり効きます!!

 

でもどうも私が気をぬくと忘れ去られるというか。

 

どっちかというと娘のお昼寝ベット化している時期もありましたね。疲れるとそこでうとうと・・・ぐぅ・・・。

 

いや、これはこれでかなり助かっていて、私が「こやつ役に立つな」と感心した一面でした。

 

でもやっぱり遊んでもらいたい

ということでトランポリンの設置場所を、リビング内で変えてみました。

トランポリンをリビングに置いた配置図

リビング配置図 ソファの近くに置いたらとっちにもダイブできるのが良いのか、使用頻度が増えました

これ(ソファとの行き来)を良しとするかは、家庭の風土があることとは思いますが、引きこもりがちな白玉家では少しでも身体を動かす機会を!ということでOKとしました。

 

購入時(約1年3ヶ月前:4歳・2歳)から今にかけて(5歳・3歳)飛べる回数も着実に増えてきています。

 

息子:

購入時60回〜100回

→現在100回〜160回

 

娘:

購入時20〜30回

→現在80回〜90回

 

息子は最初、1回でどれだけ高く飛べるかの気持ちが先行している様子で、ジャンプも着地も力んでいるのが特徴でした。体の力の入れ方のアンバランスさは、発達の特徴にあげられます。逆にふにゃふにゃの子もいます。

 

現在は力を入れずに流すような自然なジャンプになっています。

 

娘はというと、最初はぐにゃぐにゃして軸がない様子でしたが、現在はジャンプも続くし軸もしっかり。

自分で20くらいまでカウント(まだ20までしかカウントできない)すると、また0に戻っちゃうので時々ゆっくり見ていないと、娘がどれくらい飛べたのかわからなくなるので要注意です。笑

 

我が家で猫背に効果があったのは・・・

兄妹の使用頻度と手軽さを考えるとボールが圧勝ですね。

何より息子がボールに座るとピンと姿勢が良くなるのは本当にすごくてびっくりです。

 

ただ、息子がお腹で乗っかってバランスボールのようにし始めた時はヒヤっとすることも4-5回ありました。

顔を床にぶつけてしまったり、家具の角にぶつかりそうになったことも。娘はそんな兄を見ているからか、最初から乗りこなしています。

 

なので安全面という点では、その場でジャンプするトランポリンに軍配が上がりそうです。

 

 

子どもが猫背だ。

姿勢が悪くて困っている。

そんな方は、ボールとトランポリンを試して見てくださいね。

 

 

新築構想中の我が家。何かしら仕掛けを作りたいと考えています。握力が弱めな息子とぶら下がるの大好き娘、どっちにも良さそうな雲梯が有力かな!

www.shiratama-anko.com

 

週末外に行く体力が残っていないときも、こういった体を動かせるものが家にあると罪悪感も少し軽減されます。

 

最近は縄跳びも室内でやらせようとしている白玉でした。

 

スポンサーリンク