今日のおやつはなんだろな

兄妹の母。ガジェット・積み木やおもちゃ・絵本が大好きな発達グレー家族。

お遊戯会。気になる事があっても「お口にチャック」と「微笑み」で。

 

先日息子のお遊戯会がありました。

 

先生の選曲が良かったのか、家で練習するほどの気合いの入りよう。

 

そんな息子の邪魔をしないように、私が家でしないように頑張ったことがありました。

 

今日はそんなおはなし。

 

 

スポンサーリンク

 

 

お口にチャックと微笑み

息子に音楽を流してほしいとせがまれて流す私

 

ちなみに去年は「お遊戯会?なにそれ美味しいの」的な感じで、家では全く練習しないし、私から様子を聞いてもうまく言葉に表現できないようで無言でした。

 

それが今年は息子から「練習する!」と意思表示をしてきたことに、まず嬉しくなってしまいましたよ。

 

 

そして音楽に合わせて踊る息子。

息子のダンスに気になる事が浮かぶ私

 

気になる、気になる。

じっくり見ていると気になることばかり。

 

でも、我慢。

我慢だ、私。

 

と一ヶ月間飲み込み続けました。

幼稚園の時に私がよく言われていた「お口にチャック」をイメージして。

 

 

息子はかなり照れ屋さんだし、繊細だし、沢山のことを一度に言ってもわからなくなってしまいます。

 

息子の難しいところは「注意」「助言」を受けたらもちろん拗ねる(こちらは怒ってないのに全部まとめて怒られていると受け止める傾向あり)。

「素敵なところ」を伝えても照れすぎて動けなくなってしまう(こともある)んです!!この五年間色々ありました。失敗もあったよ。とほほ。

 

褒めてもダメって難易度高くありませんか??

 

私もまだ、どこまで褒めたら照れすぎないかの塩梅がわかっていません。

 

なので、見ているよという気持ちを込めて、(あらゆる場面で)今はただ微笑んでいます。

 

お遊戯会本番で頑張る息子と感動する私

 

そんなこんなで迎えたお遊戯会。

 園でも家でも練習した甲斐あって、息子は自信満々で踊り切っていました。

照れ屋とはいえ、発表の場で緊張することは無いようです。私は病的にあがり症なので、息子がそうじゃなくて良かった!

 

終わった後に迎えに言った時の息子の晴れやかな表情ったら。楽しかったというのがすごく伝わってきましたよ。

 

こういう行事があると毎回感心してしまいますが、本当に子どもの一年てすごいですよね。

息子が年少さんの時は気がつきませんでしたが、今年比べてみるとよちよち踊っているのがまた驚愕でした。

年少さんはみんなまだ無表情な子が多いけど、年中になるとキビキビしてるし、表情もみんな個性が出てきますね。

 

ニコニコしている子、カッコつけている子、緊張している子・・・みんなそれぞれ。

ちなみに息子はカッコつけてました。笑

 

 

頑張った息子。

そしてその反動なのか、すごくわかりやすく赤ちゃん返り中です。

 

「僕いま0歳」だそうで。

 

「バブーバブー」言ってます!

 

 

スポンサーリンク