今日のおやつはなんだろな

兄妹の母。ガジェット・積み木やおもちゃ・絵本が大好きな発達グレー家族。

焚火と星空と…【モンゴリアビレッジ】ゲルに泊まる

 

いきなりですが、ゲルに泊まってきました。

モンゴルの移動式住居。なかなか快適でしたよ。

 

BBQや温泉。焚き火に星空。

未就学児〜小学生はかなり楽しめる場所になっています、

那須にお越しの際は是非。

 

 

↑栃木県益子の陶器市を後にして、向かったのは同県那須。

f:id:shiratama-anko:20171106114941j:plain

↑ 紅葉もまさに見頃。ここ二、三日でまたいい色になっていそうです。

 

スポンサーリンク

 

異国情緒溢れる

日本でゲルに宿泊できる珍しい施設「モンゴリアビレッジ テンゲル」。

アウトドアへの憧れが強い私。テントなどもいつか揃えてキャンプしたいのですが、、いきなりはハードルが高い。

 

でもここならなんの準備もせずにテント体験や焚き火・星空も満喫しつつ、綺麗な温泉やトイレ・ BBQまで味わえちゃう!!と聞きつけて飛んできました。

f:id:shiratama-anko:20171106115905j:plain

↑明け方6時半ごろ、子供たちとお風呂へ向かった

ピンとした冷たい空気、とても清々しい

f:id:shiratama-anko:20171106114945j:plain

↑内装はこのようになっています。大人四人でも十分過ごせる広さです

柱に綺麗な絵が描かれていて色鮮やか。

 

子供たちはまだ添い寝なので、布団を床に降ろして寝ました。

設備は一通り揃っています。

  • 冷暖房
  • TV
  • 加湿器
  • 冷蔵庫
  • 金庫
  • 懐中電灯

普通にTVがあってなんだか不思議な感じ。トイレは外ですが新しく綺麗で虫も全くいません。虫嫌いな私が宿泊できになるポイント「水回り」が綺麗なのは本当に良かった。

 

フロントでベット落下防止のカバーもレンタル可能。他にも給湯ポットもレンタル可能なので、調乳も可能です。

ご飯

f:id:shiratama-anko:20171106114948j:plain

f:id:shiratama-anko:20171106114955j:plain

↑食いしん坊で、食事前の綺麗な状態を中々写真に残せない。笑

 

大人二人分:前菜、野菜、お肉、焼きそばとアイス食べ放題が夕食でした。ご飯もセルフなので子供達に別メニューを頼む必要もありません。未就学児なら追加料金なしはありがたいですね。お布団代のみでここまでのサービスありがたや

 

お野菜もお肉もさすが那須高原、とても美味しくいただけました。お肉に至っては黒毛和牛・三限豚・鶏肉・首塩ネギ(多分牛の)の大盛り!

ソーセージと焼きそばは子供たちの好物とあってよく進む。

麺だけ二人前追加して食べましたが、お肉(塩ネギ)を混ぜてモンゴルの岩塩で塩焼きそばにしたら、もう止まらないやめられない!!

 

ビールが飲みたーい

でもその後子供達とお風呂だったので泣く泣く諦めることに。

食後の楽しみが盛りだくさん

ミニコンサート

食後にはモンゴル人の演奏家が馬頭琴とホーミーのミニコンサートがあります。


6 methods of the khoomii(Throat Singing)

ホーミーはモンゴル伝統の発唄方法です。一度に低音と高音を一緒に出すという人体の不思議。ミニコンサートでは馬頭琴と一緒に発せられる力強いホーミーに、、、息子は一瞬寝ました。笑

私はうっとりと聴き惚れていたのですが、息子の頭がだんだんと斜めになっていったので慌ててキャッチ。疲れもあったでしょうが、なんとも心地よい音色なのですよね。ずっと聴いていたかったです。

お風呂

これが中々良かった〜。

正直あまり期待していなかったので、子供達と一緒に余計に喜んじゃいました。

写真はさすがにありませんが、内風呂二つに露天風呂が一つ。宿泊できる人数に対して広いんですよね。

 

どれも子供にも優しい温度で、肌触りなめらか。天気と月具合に恵まれれば(満月は不可、三日月が良いかと)露天風呂からは満点の星空が見えるのだとか。う〜ん、また行きたい。

f:id:shiratama-anko:20171106130209j:plain

↑効能 「慢性皮膚炎」我が家にピッタリです。

焚き火カフェ

キャンプ場のように焚き火ができるスペースがあります。マシュマロ付き。焼くっきゃない!

ちょっと森に入ったところなので夜ともなると雰囲気抜群。ゆったりと火を眺めていてもいいですし、花火もできますし(フロントで購入可能)、暖かいお酒や牛乳なども注文すると持ってきてくれます。膝掛けのレンタルもありましたよ。

 

ここでホット梅酒を飲みましたーー!一日の終わり前にとても安らげた瞬間です。

f:id:shiratama-anko:20171106134623j:plain

↑着火直後  ゆったりとひろがると思いきや

f:id:shiratama-anko:20171106115855j:plain

↑あっという間に広がる炎

子供達が投入してくれた周りの枯葉や小枝も、ぽろっと落ちたマシュマロもいい仕事をしてくれました。

f:id:shiratama-anko:20171106115006j:plain

 ↑はぁ、焚き火ってなんでこんなに暖かく落ち着くんでしょう

 

残念ながらこの日は満月で明るくて星空は見えなかったのですが、綺麗な空気と月を満喫できただけで私たちは大満足。ゲルで一騒ぎした後、消灯と共に眠りについた子供達なのでした。 

子連れも「宿泊」を楽しめる!

友人家族に教えてもらったのですが、その時の私の前のめり状態はひどかった。思い出すと恥ずかしいです。笑

しかし、まさに私のツボ。いいとこ取りの施設ということで、陶器市の日程と合わせて予約しました。

 

「ゲルに泊まる」ことを目的に行ったのですが、他のことが充実しているのはよい意味でびっくりでした。

食事が夜朝共に美味しく、演奏会・温泉・焚き火と、子供達が一箇所で「滞在」を楽しめる宿泊施設って中々他にない気がします。

 

ホテルだと廊下でもなんでも大人しくさせたくなってしまいすし、大人のルールに付き合ってもらう場面も多いですよね。しかしここはゲルとフロントの行ったり来たりは外なので「いくらでも走っていいよ〜(余裕)」という気持ちで見ていられます。

ゲル内でも、ゲル一棟一棟が離れているので他の宿泊客の声が聞こえません。

 

子供は到着してからずーっと興奮気味。

ゲルも喜びましたが、意外だったのは温泉をとても喜び兄妹共に翌朝も入りたがったこと。温泉全体の温度が40度前後くらいで熱すぎず、子供が長時間入ってものぼせない温度だったのが良かったのかもしれません。「きもちいね〜」とても満足な息子と娘の笑顔。

母も大満足の那須「モンゴリアンビレッジ テンゲル」宿泊でした。

 

↓詳しくはこちら 楽天トラベルにとびます。

 

 

↓翌日は車で10分ほどの南ヶ丘牧場に行きました。 

shiratama-anko.hatenablog.com

shiratama-anko.hatenablog.com

 

よい秋を。 

スポンサーリンク