今日のおやつはなんだろな

兄妹の母、子育て、仕事、その他雑記。白玉大好き!

都会の中でBBQ 水遊び【品川シーズンテラス】へ行こう

 

ビルばかりで小さい子供の居場所がなかなか見つからない「品川駅」周辺ですが、

実はファミリーにおすすめな場所があるんです。

それは「品川シーズンテラス」とそれに直結している「芝浦中央公園」

 

 

界隈に住んでいる方なら知っている方も多いかと思います。

ここは私もよく利用するのですが、都会の真ん中でピクニック気分が味わえ、大の字で昼寝しているほろ酔い気分のお父さんも見かけます。まさに「都会の中のオアシス」。平日でも子供連れが多く訪れています。

f:id:shiratama-anko:20171015122033j:plain

駅から近く、駐輪場駐車場完備。飲食店も子連れに優しく、お弁当を持参せず身軽に遊びに行けます。シートや簡易テントさえあれば一日中いても平気です。夏は噴水で水遊びができますし、肌寒くても元気な子供達は楽しそうに走り回っています。親はBBQしつつお酒でも飲みながら温まるのもこれからの季節はいいかもしれません。

 

 

品川ーシーズンテラスとは  

f:id:shiratama-anko:20171013115315j:plain

トップ : 品川シーズンテラス:日本最大級の免震構造ビル

品川シーズンテラスは東京都水再生センターの上部空間として開発された、オフィス、ショップテナント、そして3.5haの緑地からなる巨大施設。芝浦中央公園と直結(上写真のイベント会場の隣がその公園)なので開放感抜群ですし、公園側にドックランもあるのでペット連れの家族も安心です。

 

f:id:shiratama-anko:20171016120606j:plain

↑この日はイベントがあったので、音響の準備をしていました。去年はなぜかりゅうちぇるさんがゲストの東京の水再生クイズイベントを目撃。笑 イベントと並行して水再生施設への見学会も行われていて小学生中心に人気があるようです。

 

f:id:shiratama-anko:20171016171303j:plain

↑芝浦中央公園側から 丘が随所にあるランドスケープ

この丘がどの子供達も大好きで、皆登ったり降りたりを繰り返します。

  

f:id:shiratama-anko:20171017115155j:plain

 ↑休日の雨上がりの午後

この人口密度!都内の休日だと公園でも無理ですよね。 都会にあってこのような開放感、はいはいする時期赤ちゃんでも安心の芝生と雰囲気があるのは、この場所だけではないでしょうか。東京タワーも小さく見えます 夜は周りが暗いのでライトアップが綺麗です。ドラマのロケ地として利用されることも多いんだとか。

 

私のオススメポイント

1.アクセスの良さ

東京都港区「品川駅」はJR成田エクスプレスや新幹線も止まるターミナル駅。京急は羽田行きを運行しています。都外にお住いの方も、新幹線に乗る前、空港に向かう前にちょっと時間があったら立ち寄れる距離です。

f:id:shiratama-anko:20171015231734j:plain

↑アクセス図:公式HPより 交通

 

 品川駅から港南口を目指します。JR、京急ともに改札出て右に進む。

JR駅施設「アトレ品川」を通り過ぎ、改札を出て2ー3分くらい歩いて外部空間に出たら港南口です。

港南口を出たらを左に曲がり「日比谷花壇(花屋)」の路面店を通り過ぎ進みます。

ベビーカーの方はそのまま左方向の「アレア品川」のエレベーターか「日比谷花壇」から見て前方のエレベーターを使って地上に降ります。

あとは「KOKUYO」の大きなビルで左折したら正面に「品川シーズンテラス」が見えます。SONYの本社ビルはなかなかカッコ良いので好きです。

 

徒歩の場合は、そのままビル正面に見えるエスカレーターを上がってエントランスを通り抜ければ緑地に到着です。

ベビーカーなどの場合はスロープを登ってすぐのエレベーターで2Fへ向かってください。ビル周辺の素敵な植栽で一瞬スロープが見えませんが左端にベビーカーや車椅子用のスロープ。右端には駐輪場へ向かうスロープがあります。

 

徒歩8分(公式HP)ですが、子連れだと帰りはちょっと遠く感じます。幼児の場合子供が全力で遊びすぎて帰る元気が無くなってしまいますので、体力持たなそうな子はベビーカー必須です!

 

2.とにかく走り回れる 夏は水遊びもOK

f:id:shiratama-anko:20171017115119j:plain

↑公式HPの全体図を引用 トイレ情報などを書き込みました

 

子供たちはとにかく走っています。笑 丘の上からシャボン玉をしているのもよく見かけますし、公園の奥に進んで人が少ないところでちょっとしたボール遊びをしている家族もちらほら。

丘はただ登って降りてを繰り返しているんですが、それがとても助かります。平地だと人に紛れてしまう幼児ですが、少し高いところに集まっていてくれるおかげで、大人は少し離れたところに陣地を構えていても我が子を見失わないんです!もちろん離れすぎるのは湿地もあるため危険なのですが、レジャーシートを敷きながら安心して見守れる時間があるのはとても助かります。

トイレはビル内にももちろんありますが、公園の方まで足を延ばすとなかなか戻るのが大変です。なので公園隅のトイレを利用。誰でもトイレ(オムツ替えシートがあったか今度確認して来ます!) もありますし、幼児あるある「汚いトイレで排泄できない、怖い子」でも全く問題ない綺麗さ。

 

f:id:shiratama-anko:20171017115052j:plain

↑丘の上のデッキ

シンプルな作りですが、ここも登り降りに夢中。全身運動中。

 

f:id:shiratama-anko:20171016171200j:plain

↑簡易テントを持ってくる家族も 

写真はもう夕方なので大分テントも少なくなっていますが、多い日の日中だと30位は見るでしょうか。ここはビルおかげで夏場も日陰が一日中確保されています。見守る親としては涼しくて大助かり。公園に抜けると日当たり抜群。

 

f:id:shiratama-anko:20171016171139j:plain

↑芝浦中央公園の噴水 夏場は水遊びOK

f:id:shiratama-anko:20171017114920j:plain

 ↑こちらの水場は今年2017年から水遊び禁止となっていますのでご注意(写真は2016年)

今年7月にウォータースライダーを楽しめる「品川ウォーターテラス」も開催されました。6歳以上かつ身長120以上であれば参加可能だということ、、おそらく他のプールの混雑具合を考えると、シーズンテラスの方が何倍も楽しめそうですね。我が家も可能年齢になったら是非参加したいイベントです。

 

 3.ご飯に困らない 美味しい

子連れで大変なことの一つが食事場所の確保。公園ならおにぎりを握っていってもいいですが、品川シーズンテラスならさっと支度して外出しちゃっても大丈夫です。

 

  BBQは「 GOOD MORNING CAFE」

手ぶらできてもBBQ(要予約)できちゃいます。飲放題付き!

牛肉のパテ好きなら店内でハンバーガーもおすすめ。カリカリのフレンチフライやサツマイモフライは我が子に大人気です。ピザやパスタも大人も楽しめる本格的な味ながら、子供も好きなメニューが揃っています。子連れになれた優しい店員さんたちなので、本当にいつも助かっています。朝7時半から23時営業なので早めについても安心です。

f:id:shiratama-anko:20171017121559j:plain

bbq.balnibarbi.com

 

店内で読書も コーヒやソフトクリームを持ち出すなら「THE 3RD CAFE」 

フードコートにはうどん ラーメン そば あり

辛いものを食べてリフレッシュ「サイアムセラドン」

おやつの時間は「BLOSSOM & BOUQUET DELI CAFE」のフルーツサンド 

 

子育て中って辛いものをなかなか食べれませんよね。でもテイクアウトできる「サイアムセラドン」ならパクチー入りタイ料理を一人だけでも食べれちゃいます。

平日のお昼時行くとなると上部がオフィスなので飲食店も大分混み合っていますが、時間を少し前後にずらせば子連れでも入れます。テイクアウトできるものも用意されているので外に持ち出して食べれて楽チンです。外に東屋や椅子テーブルもあります。

↓飲食店についてはこちらから

品川シーズンテラス/飲食店18店、ランニング対応の新商業施設(2015.05.26)|流通ニュース

 

4.イベントが豊富

 

f:id:shiratama-anko:20171017114848j:plain

↑この日は「品川アウトドアオフィス」開催

アウトドア用品が好きな私には憧れの ラウンジシェルオールインワン[スノーピーク]やタープが貼られていてとても興奮しました。同時開催のビアーフェスと相まって、いつもより陽気な親御さんが多かったがします。笑

 

f:id:shiratama-anko:20171016160606j:plain

EVENT | 品川シーズンテラスエリアマネジメント

 

平日夜に芝の上でのヨガ教室をやっていたり(今年は10月いっぱいで終了)ナイトスクリーン上映会があったりと面白そうなものが沢山あります。10月だとハロウィンイベントも開催しています。10月頭に遊びに行った時にも小さい「アリス」や「マリオ」がもう走り回っていましたよ。

 

↓芝浦中央公園の方でもイベントがあります。詳しくはこちらから

最新のイベント・教室情報(全公園) | 港区芝浦港南地区の公園サイト

 

5.新幹線が見える

f:id:shiratama-anko:20171017115316j:plain

↑引用:Google map ストリートビュー

これは 電車好きのお子さんをお持ちの方のみのオススメポイントですが、公園端からは新幹線がよく見えます。2020年の「東京オリンピック」に向けてこの線路の奥に新駅の開発も進んでいます。2024年には「リニア中央新幹線」の駅も新設されます。距離的に真横ですし「品川シーズンテラス」は新駅の開発の第一歩だったのでしょう。歩道橋や地下道で駅と繋がって駅直結型施設になるのだと思われます。今後どのように開発されるのか楽しみです。

 

ピクニックにオススメな持ち物

持ち物はいつも外出時に持っているもの (オムツや飲み物ゴミ袋等)プラス

周りの家族を見て「あー便利だな」「いいな!」というものをご紹介します。

1.陣地確保グッズ

 

 

↑ピクニックシート テント 

ポップアップテントは大体1〜2Kgなので、だいぶ軽量化されて来ましたね。公園でちらほら見かけるようになってから年々改良もされているので、そろそろ私も買おうかと思っています!フルクローズできるものもあります。夏場は子供達の着替えができますし、春秋でも子供の見守り隊(親)も風をしのげるので良さそうです。

※残念なことに品川シーズンテラスには授乳室がないので、そのために持って来ている家族もいるかと思います。ただ、家族連れも多く茂みも多いのでケープをして青空授乳していても多く、またそれが気にならない雰囲気です。

 

2.タンブラーやテーブル

 

↑保温保冷なら安心の「サーモス」のタンブラー このデザインは初めて見ました

こういうデザインで子供用があれば即買うんだけれどなぁ。子供用だと途端にごちゃごちゃするものが多くて、今年の夏も子供達の水筒選びに苦労しました

 

 

↑折りたたみテーブル 

1箇所でも高いところがあると、子供達もここに食べ物を置いて行ってくれそう

 

 

おそらく品川シーズンテラスマイスター(毎週来ているようなヘビーピクニッカー)だと思われるだと思われる家族は持ち物が豊富。他にも空気を入れてベットにできるソファーや折りたたみの椅子、ピクニックカゴも見かけます。子供が帰って来やすいようにでしょうか、風船をピクニックカゴにつけている家族もいました!

 

3.親は読書も 少し大きい子はキックボード

幼児は走るか、登り降りが楽しいので何もなくても楽しでいます。ボールやシャボン玉など喜びそうなものを持って来ても良いですね。バトミントンなどのラケット系おもちゃ、芝だけではなく舗装された道があるのでキックボードもOKです。もう親は陣地に構えているだけで良い年齢なのか、読書をしている親御さんもいます(優雅)羨ましいです!私もあと少しかな、、、頑張ります!

 

4.季節別あると良い持ち物

春秋:温かい飲み物 タオルケット等、待っている間冷えない温かいもの

夏:水着 着替え タオル 虫除け 保冷剤 飲み物

冬:未体験!

 

※赤ちゃん連れ:授乳ケープやお湯

 

夕方まで遊んだ日はひかるおもちゃも見かけました。息子はプロペラを羨ましそうに見ていました!身に付けるものも子供は喜びそうです

 ↑カチューチャ プロペラ 

 

注意ポイント

赤ちゃん連れのご家族は注意が必要です。※で先述していますが品川シーズンテラスには授乳室がありません(唯一残念な点)ので、授乳ケープやミルクのお湯は忘れないようにしてください。ビルの中のトイレにはオムツ替えシートもあります。公園にあるトイレは未確認なので今度見て来ます。

授乳室がある近くの施設

「JR品川駅」構内の改札手前改札外港南口手前「アトレ品川」にあります。

お湯もあるので安心です。行く前や帰宅前などに活用してください。

 

その他

駐車場:最初の60分600円 それ以降30分ごとに300円入庫後24時間最大料金2400円

駐輪場:最初の2時間無料 それ以降24h時間150円

7:00〜24:00利用可能

 

まとめ

いかがでしたか。今日は私オススメの場所「品川シーズンテラス」と「芝浦中央公園」について書いてみました。他の大規模公園と比較するとコンパクトですが、アクセスの良さ、飲食店の多さが魅力です。身軽に出かけられるのが何より良いです。品川駅周辺にはホテルも多く「アクアパーク品川」という水族館もあるので、観光の方も多く混雑していますが、ここは静かという点も良いです。

品川駅を利用する際はぜひ寄ってみてくださいね。